車の保険には任意保険または自賠責保険といった二つの種類が用いられています。自賠責保険も任意保険も、まさかのトラブルなど遭遇したときの補償を想定したものですが、中身は細部において違うといえます。二つの保険をよく調べると補償できる事象が多少異なってきます。※相手へは、任意保険・自賠責保険で補償されるよう取り決められています。※自分には、『任意保険』のみで補償します。※自分の所有する財産に対しては『任意保険』によってのみ補償されます。自賠責保険単体では、自分自身のケガないしはマイカーへの賠償などのサポートは享受できません。さらに相手に向けての支援ですが自賠責保険は亡くなられたケースでは最大額で三〇〇〇万円後遺障害を与えてしまった場合最高4000万円などといったように定められています。ただし賠償額が前に挙げた金額を超えることは起こり得ます。さらに続いて事故の相手方の所有する車や家を破損してしまった時については害を加えた者の自己補償にならざるを得ません。そういった負担は個人には荷が重すぎるため任意保険という制度が大切となるのです。被害を受けた人に対する救済が主眼となっている任意保険というものにも実はそれとはまた違った独自の機能が用意されています。※事故の相手方へは死亡時あるいはケガのみならず、乗用車もしくは建物といったものの対象物を賠償してもらえるのです。※自分へは、同伴していた人も加えて死亡時もしくはケガを補償するのです。※自分自身の財産については、マイカーを賠償するのです。そのように多様な面に関してサポートが抜かりないのが任意保険最大のメリットです。保険の料金の負担はもちろん必須となってしまいますが、事故に巻き込まれた時の相手方のためにも自分を安心させるためにも、マイカーに乗るならぜひ任意保険に入っておくとよいでしょう。