自動車損害保険にはこの記事をお読みの方も既にご存知だとは思うのですが等級と呼ばれる指標がドライバーに対してつけられます。省略せずに書くとノンフリート等級別料率制度という名で呼ばれ、掛金に甚大に関係しているのです。等級というのは、クルマの損害保険に入っている者のフェアな料金設定を担保することが目標とするため交通事故を発生させてしまう危険性あるいは自動車の保険を使う確率が高ければ大きいと見込まれるほど月額の掛金が値上げされます。反対に事故を引き起こす現実味が低く、保険を用いられると考えにくい被保険者は、危険度の低い利用者だと認定され、保険料金が低くなります。安全に自動車をりようするドライバーの人がより有利な枠組みとなっており、交通事故を生じさせやすい人には不都合な決まりであるといえます。優秀な保険利用者と事故の可能性が大きい利用者の保険料が変わらないと割高な金額を払わされていると思う被保険者が多数なので保険の提供側側からしてもリスクを少なくするためにどうしても必要な決まりだといえるのです。そこで、等級という仕組みが具体的に一体どのような枠組みなのか簡単に明らかにさせていただきます。まずは、等級の数には1等級?20等級まで設定され、被保険者の等級が増加するたびに保険の料金が割引される枠組みになっていることに注意しましょう。第二に、1等級より3等級の範囲については割り引かれず反対に高くなり、交通事故を生じさせてしまい自動車保険を使用してしまうと3等級下がってしまいさらに負担が増えたクルマの損害保険を支払うことになってしまいます。そして、はじめて車の保険に申し込むならば6等級よりスタートとなりそのときから自分の等級が減るのか高くなっていくのかは契約者の実績によります。ですから、月額の掛金を安くしたい人は自動車事故を生じさせないように安全な運転に気をつけるのが大事だといえるでしょう。